確実な駆除のために

散布機

必要になる細心の注意

ベランダに鳩が来ないようにする対策をするときには、必ず考慮したほうが良いことかあります。鳩が近づけなくなる対策としては、ベランダにネットを張る方法がありますが、この方法を行なうときも細かい注意が必要です。特に気を配らなければいけないのは、ネットとそれを設置する場所の間に生じる細いすきまです。しっかりとベランダ全体にネットを張りめぐらしたつもりでも、ほんの一ヶ所にすきまが生じていることで、そこから鳩が侵入してくる危険性もあります。そのためにネットを使用した完全な鳩対策をするためには、鳩が入れるようなすきまを一切作らないように、厳重に確認することが必要です。ベランダに鳩がよりつかないようにする対策としては、その他にきらきら光るものを吊り下げる方法もあります。光が反射することで鳩に警戒心を与えて近づけないようにするためですが、こうした対策で使用されているのがCDです。CDの裏側は光を反射しやすいためにベランダに吊り下げれば有効な鳩対策になります。ですがこうした対策は一時的には鳩が寄りつかなくなっても、時間が経過していくうちに鳩がそれに慣れてしまうようなケースもあります。そうした場合には知らないうちに住み着いて巣をつくってしまうような場合もあるために、安心せずにこまめに確認をする必要があります。いずれにせよ自分の力だけではどうにもならないと感じた場合には、プロの業者に依頼することも一つの方法です。

Copyright© 2018 ネズミ駆除業者に依頼する時の流れ【業者に依頼するのが得策】 All Rights Reserved.