ドバトの習性を知る

男性

人に慣れた鳥

街中でもよく見かけるなじみ深い鳩ですが、場合によっては害鳥として問題視されるケースもあります。おっとりとした見た目に反して執念深い性格で、一度被害が発生すると簡単には収まらないので、対策が難しい事が知られています。そんな鳩は主にドバトとキジバトという2種類が、街中でよく見られます。害鳥として駆除などの対策がとられるのは、圧倒的にドバトの方で、生息域が人間の生活圏と重なるためトラブルも発生しやすくなっています。そもそもこのドバトは日本の在来種ではなく、大陸から渡来したものが野生化したものと考えられています。原種はカワラバトという鳩の仲間で、古くから家禽として飼育されていました。こうした事情からドバトは人を恐れず、人家のように人目の多い場所でも平気で巣を作ってしまいます。鳩対策が難しい理由の一つに、このドバトの人に対する警戒心の薄さがあります。畑などで鳥よけとして見られる案山子も、人に慣れている鳩には効果が薄いです。人が姿を見せて追い払っても、その時だけは逃げますがすぐに戻ってきてしまいます。またドバトの被害が都会でよく報告される事の原因として、マンションなどの高層建築を好んで巣作りの場所にするという性質があります。ドバトの先祖であるカワラバトは、捕食者から逃れるため、高い崖の上などで営巣する習性がありました。この性質を引き継いでいるドバトは、人口の高層建築物を崖などに見立てていると考えられます。この時先述の人を恐れない習性と相まって、わざわざ人のいる部屋のベランダに巣を作ってしまう迷惑な鳩が出てきてしまうのです。ベランダに鳩がいるのを見つけたら、餌などは絶対に与えず、巣作りされる前に早急に追い払っておきましょう。再び訪れる可能性は高いので、念のため鳩対策グッズを使用するなどして警戒しておくと安全です。ただし、居ついてからの対策は素人では難しいので、専門の業者に任せましょう。

Copyright© 2018 ネズミ駆除業者に依頼する時の流れ【業者に依頼するのが得策】 All Rights Reserved.